発毛の仕組みってどうなっているのか?

発毛の仕組みは大きく分けて成長期・移行期・休止期・脱毛期の4つの段階から作られています。
まず成長期とは毛母細胞が発毛の命令を受けることで細胞分裂を始めて髪の毛を伸ばす段階のことで、全ての髪の毛のうち85%がこの成長期にあるのが普通です。
成長期が終わった毛根は移行期に入って髪の毛の成長が遅くなり始め、続く休止期に入ると完全に成長が停止します。
そして最後に脱毛期になると毛根の奥で新しい髪の毛が生えてくることで古い髪の毛が押し出されていくことになるのです。
発毛はこのサイクルが正常に繰り返されることで実現されるわけなのですが、このサイクルがどこかでおかしくなってしまうとその毛根からの発毛が止まってしまい、薄毛に近づいて行くことになります。
さて、では実際のところこの発毛のサイクルを乱す原因としてはどういったことがあるのかと言うと、まず挙げられるのが生活習慣の乱れです。
例えば喫煙は血液の流れを妨げて毛母細胞への栄養を運び込むのを妨げてしまいますし、暴飲暴食も血圧を高めるために血行を悪くする原因になるでしょう。
また睡眠不足なども同様で、髪の毛の成長に対しては非常に悪い影響を与えることになります。
その他ストレスやヘアカラー、パーマといったように毛根に対してダメージを与えてしまうことも、発毛を妨げる要素になることは間違いありません。
ではこうしたことを回復するにはどうすれば良いかですが、基本的には生活習慣の改善を行っていくのが一番です。
規則正しく栄養バランスのとれた食事を心がけ、適度な運動と睡眠を取ることが発毛を手助けする最大の要素となります。
また育毛剤や育毛シャンプーも毛母細胞を活発に動かすということで意味がありますから、こうしたことを併せて行っていって発毛を促進するようにしましょう。